2006年04月30日

Power Mac G5のワイヤレスオプション

Power Mac G5にAirMacとBluetoothをBTOで追加できます。11,760円。
あとからサービスプロバイダで追加もできるのですが、例えばTooの説明を見ると、センドバック時の、カード代を含む作業料金(消費税込)(宅配便等で配送する場合)18,165円/持ち込み時の、カード代を含む作業料金(消費税込)16,590円となっていて、割高なだけでなく面倒です。
posted by m&m at 08:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | メモ

2006年04月23日

『アップル・コンフィデンシャル2.5J』

アップル・コンフィデンシャル2.5Jが4/27に刊行されます。マックを使う楽しさのひとつは、良くも悪くもアップルの波乱の歴史とともに歩むことにあると思います(笑)。歴史を知っていると、マシンに込められた物語を味わうことができるので、この本もぜひ読んでみようと思っています。

アップル・コンフィデンシャル2.5J(上)
アップル・コンフィデンシャル2.5J(上)2100円

アップル・コンフィデンシャル2.5J(下)
アップル・コンフィデンシャル2.5J(下)2100円

目次
(上)
第1章 奇跡の転換をもたらしたiPod
第2章 アップル創世記
第3章 ウォズの放浪
第4章 アップルIIIの大失敗
第5章 コード名のすべて
第6章 億万長者マニア
第7章 昨日の敵は今日の友
第8章 夢に終わったIBMとの蜜月
第9章 ゼロックスより愛を込めて
第10章 マッキントッシュ開発秘話
第11章 マッキントッシュ・インサイダーズ
第12章 ほとんど放映されなかった偉大なコマーシャル
第13章 プレスの目を引くマック
第14章 マッキントッシュ製品年表
第15章 1985年と1984年の決定的な違い
第16章 通信事業のつまずき
第17章 ジョン・スカリーの目覚ましい出世と驚くべき転落
第18章 ウィンドウズ・何がまずかったのか?
(下)
第19章 落ちたリンゴ
第20章 オープンドックの見た夢
第21章 ATGが作っていたのは未来か混乱か
第22章 アップルを去ったジョブズ・ネクストとその後
第23章 社会現象を巻き起こしたピクサー
第24章 スター・トレックの冒険
第25章 ディーゼル機関車からドクターへ
第26章 互換機のジレンマ
第27章 アップル互換機、もう1つの物語
第28章 ドクターの強力な注射
第29章 コープランド危機
第30章 マックOS Xの誕生
第31章 アップルの流通・販売革命
第32章 アップルはもう大丈夫?
posted by m&m at 09:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | メモ

2006年04月16日

iMacの高さ&高さシミュレーション

imac高さ

iMacの高さといっても、値段の高さではなくて、物理的な高さです。ご存じのようにiMacは高さの調節ができません。初代はVESAアームを付けることもできましたが、現行機種はそれも不可です。17"モデルと20"モデルは下端の位置は変わらないので、20"モデルでは上端がかなり高くなります。
上の写真はiMacのマニュアルからのものですが、画面の上端が目の高さと同じか、やや低くなるように設置しようと書いてあります。どうやって調節するかというと、「机の高さを調節」するのです(笑)。でも机を調節すると、今度は腕の位置が下がってしまいますよね(笑)。
けっきょくベスト位置で使うには、パソコン専用ラックのようなものを使うか、座高がちょうどいいかしかなさそうです。私自身は170cmくらいの身長で、70cmの標準的な机を使っていますが、17"モデルでちょうどいい感じ、20"モデルがちょうどいいのは180cm以上の身長の方ではないでしょうか。
このへんに不満があれば、Mac miniかPower Macという選択になるんでしょうかね。なるんでしょう。

実際に20"を買ったらどんな感じになるのか、シミュレーションしてみました。段ボール製で超ショボいですが(笑)。隣にあるのはDELLの20"です。
imacモック1.jpg

上端が揃うように、DELLの方を上げてみました。う〜ん、実感からすると10cmくらい高い感じで、すごく違和感あります。画面の真ん中あたりにいつも視線がいく感じです。テキスト書きなどをすると、ウィンドウを下げないと見にくいですね。
imacモック2.jpg

ほんもののiMacを合成してみました。
imacモック3.jpg
posted by m&m at 13:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | メモ

買い替え・intel iMacにするかPowerMacG5にするか...

ひじょうに個人的なメモです。現在使っているデスクトップが古いPowerMacG4なので、いくらなんでもそろそろ買い替えないと遅くてしょうがない状態。昨年から買う気満々で、とりあえずminiを買おうかなと思いつつ、1月の発表を待ち、2月の発表を待ち、ラインナップが変更されていくなかで未だに何も買えずにいます。4月末までアカデミックでiPodとMac(miniを除く)同時購入で2万円キャシュバックというキャンペーンをやっているので、それまでには買いたいと思ってるんですが、今迷っているのが、intel iMacにするかPowerMacG5にするか。考えをまとめるのに諸々を書き出してみます。価格はすべてアカデミック価格です。

・iMac 2GHz Intel Core Duo 195,208円
(グラフィックカードATI Radeon X1600/256MB VRAM [プラス ¥8,789])
(メモリ2GB 667 DDR2 SDRAM - 2x1GB [プラス ¥33,396])
 上記BTOで計237.392円
・メモリは秋葉館で、DDR2 SDRAM PC2-5300 1GB(1024MB) SO-DIMM Legacyチップ [200-1024MS5300ITC] \15,990x2=31,980円。ちょっと安い。これを買って内蔵の512MBを売れば安くつくかも。でも将来的にトラブったとき、もとのメモリを動作確認用に持っていた方がいいかも。とすると手間も考えるとBTOか。
・ATOK非対応なのでegbridge Universalが必要。6300円〜8500円位。
・HDDが足りないのでFW外付け250GB位のが必要。20000円位か。
○配線すっきり
○FrontRow、iSight内蔵
○AirMac、BT内蔵。
○AppleCareが安い [プラス ¥22,050]
○20"ワイドモニタ付。一体型だから当然だけど。
×HDD内蔵なので不安。液晶一体型なので不安。
×PPCからintelへの移行がめんどうくさそう。ま、これはいずれやらないといけないことだけど。数年経てば環境も整っているだろうし。
×今使っている20"液晶とデュアルにすると、イマイチ揃わない。iMacの液晶の位置が高そう。これは慣れかもしれないけど。
*BTOでグラボ、メモリ増設、egbridge、外付けHDDで計約265,000円

・Power Mac Dual-core 2GHz PowerPC G5 220,320円
(グラフィックカード256MBに5,292円)
(AirMac Extreme カード & Bluetooth10.584円)
・メモリ、秋葉館でDDR SDRAM PC3200 1GB(1024MB) サムスン純正 [184-1024MS3200GH] \11,990x2=23,980円
○今使っているSATA/HDDを流用できる。
○グラボがいい。30"もつなげることができる。
○PPCなので移行が楽。
○拡張性がある。HDDが逝っても交換楽ちん。
×FrontRow、iSightがない
×AirMac、BTは要BTO。しかもあとで増設は今のところできないらしい。なくてもいいか。
×AppleCareが高い [プラス ¥31,500]
*BTOでグラボメモリアップ、秋葉館メモリを増設で約250,000円

移行コストは同じくらいか、iMacの方が若干安いかくらいかと思っていたら、ちゃんと計算してみるとPowerMacの方が安いですね...。まぁ、何だかんだで同じくらいなのかな。
アカデミックでiPodとMac(miniを除く)同時購入で2万円キャシュバックが4月末までなので、とりあえず噂の4月1日に新iPodが出るかどうかまで待とうと思いますが。
ちょっと不安なのが4月1日に新PowerMac(Mac Pro?)が発表されて、Mac miniの時みたいに、即旧型がラインナップから消える場合。しかも新PowerMac(Mac Pro?)が高い場合。一番理想的なのは現行PowerMacの値下げが発表されることなんですけどね。
何だかウジウジした話ですみませんでした(笑)

e_ipod_125.gif  iMac(intel)

ipod_224-100.gif powermacj_120x90.gif



秋葉館オンラインショップ
(3/15記)
.........................................................

噂の4月1日には何も起こらず、4月半ばになっても何も起こらず。BootCampの発表でiMacをポチりかけましたが、冷静に考えるとWinってあっても使わないような。やっぱりPMG5かなぁ、と思う今日この頃。
posted by m&m at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | メモ

2006年04月04日

購入後10日以内に値下げの場合アップルストアなら差額返金あり

返品・送料を含む販売条件・価格の部分に、

「アップルが発送から10日以内に発送製品の価格を減額する場合、お客様は、0120-27753-1にご連絡いただくことで、お客様が請求された価格と現在の販売価格との差額を返却又はクレジットすることをお求めになることができます。但し、返却又はクレジットを受けるためには、お客様は、発送から14営業日以内にアップルに連絡することが必要です。」

という記載があります。つまり購入から10日以内に値下げされた場合には、購入から14日以内に連絡すれば差額を返金してもらえるっていうことですね。11日目に値下げされたら悔しいですけど(笑)。購入してから10日は値段の推移をチェックした方がよさそうです。これ、ひっそりと書かれているので、絶対知っておいた方がオトクですね。

Apple Store
posted by m&m at 19:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | メモ

2006年04月02日

Power Mac G4 / G5の変遷

2chにPower Mac G4 / G5の変遷のいいまとめがあったので、メモがわりにコピペです。
これ見ると、そろそろモデルチェンジか値下げがあっていいタイミングなんだけど、今年はIntel移行でイレギュラーだからなぁ・・・。

.........................................................
Power Mac G4 / G5の変遷(2chより引用)

<PowerMac G4〜G5 亀の歩みの進化>

○1999年9月6日 G4-PCI Graphics 500M/450M/400M 発表
  ↓(1ヶ月)
○1999年10月14日 G4-PCI Graphics 450M/400M/350M 発表(恐怖のクロックダウン事件)
  ↓(2ヶ月)
○1999年12月6日 G4-PCI Graphics 450M/400M/350M 発表(マイナーチェンジ)
  ↓(2ヶ月)
○2000年2月16日 G4-AGP Graphics 500M/450M/400M 発表
  ↓(5ヶ月)
○2000年7月20日 G4-Gigabit Ethernet 500M Dual/450M Dual/400M 発表
  ↓(6ヶ月)
○2001年1月10日 G4-Digital Audio 733M/667M/533M/466M 発表
  ↓(6ヶ月)
○2001年7月19日 G4-QS 800M Dual/867M/733M 発表
  ↓(6ヶ月)
○2002年1月28日 G4-QS2002 1G Dual/933M/800M 発表
  ↓(6.5ヶ月)
○2002年8月13日 G4-MDD 1.25G Dual/1G Dual/867Dual 発表
  ↓(5.5ヶ月)
○2003年1月28日 G4-FW800 1,42G Dual/1.25G Dual/1G Single 発表
  ↓(5ヶ月)
○2003年 6月 初代G5-2.0G Dual/1.8G Single/1.6G Single 発表
  ↓(5ヶ月)
▲2003年11月 初代G5-2.0G Dualと1.6G Single値下/1.8G Dual発表(1.8G Single終了)
  ↓(7ヶ月)
○2004年 6月 2代目2.5G Dual/2.0G Dual/1.8G Dual 発表
  ↓(5ヶ月)       ↓
▲2004年11月 2代目値下  ↓(10ヶ月間モデルチェンジなし)
  ↓(5ヶ月)       ↓
○2005年 4月 3代目2.7G Dual/2.3G Dual/2.0G Dual 発表
  ↓(6ヶ月後)
○2005年 10月 4代目 2 x Dual-core 2.5G/Dual-core 2.3G/Dual-core 2.0G 発表
  ↓     ※2.7G Dualは継続販売(値下げなし)
  ↓(6ヶ月後?)
○2006年 ○○月 Intelチップモデル(Mac Pro?) or 全モデルG4/Quad発表?

※G5 Dualモデルの更新・値下のタイムスパンを読み取る意図で作成しているため、
 最終型G5-1.8G Single(2005年始めに販売終了)については意図的に触れていない。
※G5初代・2代目の最上位機種は、発表から出荷まで2〜3ヶ月を要した。
※G5初代モデル・2代目モデルは発表後「5ヶ月目で値下げ」をしていたが、
 G5/3代目モデルは「5ヶ月目の値下げ」がなくて、半年目でモデルチェンジした。
 ただ、2代目の値下げ後の価格と、3代目の価格はあまり変わっていなかったが
 (モデルチェンジ時の値上げがなかったが)、4代目は少々値上がっている。
※既にIntelに切り替わったiMac・Mac Book Proの発売後、旧モデルも一緒に売られていたが、
 値下げなしで、在庫がなくなった段階で販売終了。
posted by m&m at 22:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | メモ

2006年03月31日

本『スティーブ・ジョブズ 偶像復活』

スティーブ・ジョブズ-偶像復活
「スティーブ・ジョブズ 偶像復活」2,310円

「スティーブ・ジョブズ 偶像復活」読みました。アップルやジョブズの波乱の物語はけっこう面白いので、これまで出た本もだいたい読んでいるんですが、この本は最新の出来事まで入っているので、それなりに新鮮に読めました。物語として面白いだけでなく、製品コンセプトを理解するうえで参考になることも多いです。自分の印象に残った部分だと、

・うるさいパソコン大嫌い…多少廃熱が犠牲になっても、ファンはぎりぎりまで回さない設計。アップルのノートは静かだけどすごーく熱くなりますよね。これは今後も変わらないでしょう。できればファンレスが理想なのでしょうから、ファンが付いているだけでもすごく妥協してるのでしょう(笑)
・拡張性大嫌い…内部アクセスしにくいですもんね。最近の機種ではメモリスロットだけはアクセスしやすいものも多いので、これでもかなり妥協してるのでしょう(笑)

とか、そんな部分です。このこだわりは良し悪しでしょうが、こういうこだわりがあるから、シンプルだけどマネできないデザインができるんでしょうね。まぁ、こんな風に考えると腹も立たないし、割り切って使えるようになります(笑)
posted by m&m at 09:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | メモ

スティーブ・ジョブズ家愛用の独ミーレ社の洗濯機

スティーブ・ジョブズ-偶像復活
「スティーブ・ジョブズ 偶像復活」2,310円

「スティーブ・ジョブズ 偶像復活」を読んでいたんですが、この本の中に、洗濯機を選ぶのにえんえんと悩んだという話が出てきます。何せ、好みのベッドが見つかるまで買わなかったというジョブズ。その彼が気に入った洗濯機というのはどこのだろうだろうと思ったら、スティーブ・ジョブズ名言集(上)の中にありました。

「(独ミーレ社は)プロセスをじっくりと考えた。同社が開発した洗濯機や乾燥機のデザインは素晴らしい。これらの製品には、ここ数年どんなハイテク機器にも感じたことのない興奮を覚えた」

それで、ミーレ社の洗濯機を早速検索。ジョブズが好みそうな、ミニマルなデザインです。

ミーレ社洗濯機
ミーレドラム式洗濯乾燥機「WT946S」328,000 円
ミーレドラム式全自動洗濯機「W2104」233,000 円

お値段もかなりいいです。と言っても、国産でも10万以上の洗濯機がありますから、びっくりするほど高いというわけでもないですね。もし自分が家を建てるようなことがあったら、こういう洗濯機をビルトインで据え付けてみたいものです。
posted by m&m at 08:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | メモ


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。